しょくじのきろく

できるだけ安く美味しくモノを食べて過ごしたい
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
page*top
 
ネギ焼きetc@千房
今回、再び池袋西武にある「千房」に行ってみました。
前回はイマイチ満足できなかったので、
もう一度行って、味を確かめてみることに。

頼んだものは、

豚とキムチの炒め物
イカゲソバター焼き
豆腐とネギのサラダ
ネギ焼きシーフード醤油味
お好み焼・豚もちチーズ玉

です。

まずはビールをぐいっと飲んでから
豆腐とネギのサラダを食してみると、
なんとも安易な味・・・。
ゴマドレッシングがかかっているのですが
市販のものようなお手軽な味です。
刻んだベーコンは良かったのですが
豆腐が切られておらず、ドカンと盛られていて
なんともお客に優しくない一品です。
豚キムチはイカゲソも、家で作ったおつまみのようで
物凄く安易なものでした。
前回もそうだったのですが、ここはサイドメニューの
レベルが異常に低いかもしれません。

肝心のネギ焼き、お好み焼は美味しいです。
ネギ焼きはシーフードよりも、ミックスのほうが
食べ応えがあるかもしれません。
お好み焼は、外側はサクサクで中はふんわり。
なかなか軽くて食べやすいですね。
溶けたチーズに、伸びる餅も美味しかったです。

今回初めて「ジーマ」というお酒を飲みましたが
結構美味しいかも。
ちょっと甘ったるいので、1人で1本は多いのですが
お昼に軽く飲むっていう感じだと
ちょうどいいかもしれないです。

サイドメニューは2回ともガッカリだったので、
次回また行くことがあれば、
サイドメニューはナシでいこうと思います。

ディナー | permalink | comments(1) | trackbacks(7)
page*top
 
豚のしゃぶしゃぶ
今日は、豚肉でしゃぶしゃぶにしてみました。
牛肉のしゃぶしゃぶもモチロン美味しいのですが、
豚肉はさっぱりしているので食べやすく、
安価なのもあり、うちではよくやります。
ビールにも合うので、オススメです。

具材は、基本は豚肉と水菜だけ。
日によっては、余っている野菜を入れたりもします。
キノコ類、キャベツなどが多いですね。
出汁は若干強めにしておきます。
豚肉はしっかり火を通す必要があるので、
出汁を吸わせるような感じで、
軽く煮るイメージで食べています。
〆は、うどんか焼き餅にしています。
これも出汁をしっかり吸わせると
とても美味しいです。

豚しゃぶ
ディナー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
レバ刺@駒込「味園」
今回は近所にある焼肉店、「味園」に行ってみました。
前回とは違い、今回は平日の8時頃だったので
比較的空いていて、すんなり席につけました。

まず、お決まりのビールを頼んだのですが、
色々なお店で、必ず生ビールを頼むので、
この味園の生ビールの大きさがわかります。
550円で大ジョッキのビールが味わえるのはいいですね。

今回注文したのは

キムチ
レバ刺
タンの焼きしゃぶ
ハラミ
骨付きカルビ
ホルモンミックス
上ミノ
コムタン

です。

タンの焼きしゃぶ、ハラミはもちろんのこと、
噛むたびにザクザクと音を鳴らす上ミノも絶品なのですが、
今回の一番は「レバ刺」でした。
うっかり写真を撮り忘れたのですが・・・
完璧なまでに角の立った新鮮なレバーで、
およそ1cm弱ほどの厚切りで出てきます。
いちおう、生姜の千切りも付け合せで付いているのですが、
まったく必要のないくらい、臭みがありません。
噛むごとに出てくるのは、レバーの甘みだけ。
しっかりとした歯ごたえもあり、相当なレベルです。
今まで食べてきた中で、これだけの厚みのある
レバ刺はありませんでした。

ここのお店は、タンとハラミは異常に高いレベルで安定
しているのですが、他のお肉は若干安定していません。
もちろん、普通レベルは常に確保はしていますが、
普通のカルビなのに、妙に細かいサシが入っていたり、
日によってはちょっと固かったりもします。
なので、今回食べたレバ刺も日によっては
厚切りではないかもしれません。
今日みたいな厚切りが、ずっと続けば嬉しいんですが。

ディナー | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
page*top
 
船橋屋@池袋パルコ
今回は、池袋パルコ8Fにある、
天ぷら料理店「船橋屋」に行ってみました。

池袋は「つな八」、「ハゲ天」と行ってみたので
この「船橋屋」はどうなのかな〜?と思っていたところ、
ちょうど池袋で食事をする機会があったので行ってみました。
頼んだメニューは「笹波@2000円」です。

夜は決まって頼むビールを飲んでいると、
まず、お新香と茶碗蒸しが運ばれてきます。
茶碗蒸しは熱々でなかなか美味しい。
そして、「笹波」の特徴であるお刺身が運ばれてきました。
普通のお刺身(この日はカンパチ)か、アジのたたきの
どちらかを選べるようなので、今回はアジのたたきを選択。
肝心のは味のほうは・・
まぁ、可も不可もなくっていうところです。
そんなに期待もしてなかったけど。

そしてここからがメインの天ぷらコースへ。
内容は

海老2本、
キス、
蓮根、
ナス、
ピーマン、
掻揚げ
・・・・あと他にもあった気もするけど失念・・・

つな八やハゲ天と違ってしっかりとした衣です。
色も白ではなく、若干色味の強い感じだったので
油が違うのかな〜と思います。
味自体はなかなか美味しかったです。
今回はカウンターだったので、
こちらの食べるペースに合わせて
天ぷらを揚げてくれたのが良かったです。
ランチではかなり安く食べれるようなので
次回はランチで行ってみたいと思います。
1000円以下みたいだし・・・



ディナー | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
page*top
 
アビアント@池袋
今回は、池袋にあるイタリア料理店、
「アビアント」に行ってみました。
場所がちょっとわかりづらかったのですが、
午後7時くらいに着くと、お客さんは2組ほどだったので
すんなり入れました。

まずはお決まりのビールをぐいっと飲んで、
黒板に書かれたメニューから選んだものは

「鶏レバーとポークのテリーヌ」
「生湯葉とアボカドのサラダ」
「ミニキンキのセモリナ粉揚げ」
「生牡蠣」
「自家製ベーコンのピザ」
「スペアリブのエピス焼き」

です。
テリーヌは、レバーの風味が活かされた絶品で、
口の中で一瞬で溶けていく柔らかさです。
ピザやスペアリブもしっかりと手の込んだもので、
お酒にも合う素晴らしいものでした。
しかし、今回注文したものの中でも特に、
「生牡蠣」と「ミニキンキのセモリナ粉揚げ」です。
生牡蠣は、身がぷりぷりとしていて、
非常に甘みも強く、いいものを使っていました。
トマトペーストのようなものを付けて食べるのですが、
これがまた甘くて美味しく、
もう1回注文しようかと思ったくらいです。
そしてミニキンキ。

ミニキンキ

小さなキンキに粉をつけて揚げたもので、
頭や骨ごと食べられるようになっています。
油断すると、背びれが口の上の部分に刺さったりしますが・・・
これは美味しかったです。しかも800円!

全体的に料理の値段も安く、CPに優れたお店です。
安かろう悪かろうではなく、味もしっかりしていて、
かなりオススメです。
ディナー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
ぼたんえびの握り@東京元気寿司
再び、東京駅八重洲地下街にある「元気寿司」
に行ってみました。

前回も書きましたが、
ここは値段の割りに味も良く、
ネタも豊富なのでかなりの頻度で行ってます。
頼むものは、毎回同じような感じで、
本マグロ赤身、
生タラバ、
ヒラメ(塩)
ぼたんえび
などを主に頼みます。

今回特に美味しかったのは、キンメダイとぼたんえびでした。
キンメダイは、非常に脂が乗っていて、
口に含んだ途端に、フッと溶けていくような食感で、
甘みも強く美味しかったです。

そして、ぼたんえび。

ぼたんえび

このお店唯一の、1皿1貫のネタです。
大トロや生タラバのほうが1皿の値段は高いのですが、
単価で言うと、このぼたんえびが一番の高級ネタです。
しかし、身がぶりぶりとしたしっかりとした歯ごたえ、
味もぼたんえび特有の甘さと濃厚さがあり、
とても美味しいです。
頭の部分もから揚げという形でつけてくれるので
頼んで損はないモノだと思います。

最近は「上シメサバ」という、
脂ノリノリの近海のサバを使ったシメサバも出てきて、
これも行く度に頼んでいます。
季節によって、ちゃんと旬のネタが増えていくので
毎回、食べたあとにまた来たくなる回転寿司店です。
ディナー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
エビチリ
今日は「エビチリ」を作ってみました。

材料は

海老、
ニンニク、
生姜、
長ネギ、
卵、
塩コショウ、鶏がらスープ、豆板醤、ケチャップ、
紹興酒、醤油、片栗粉、スイートチリソース

です。

普段は使わないのですが、
スイートチリソースの瓶が残っていたので
試しにちょっと入れてみました。

海老の殻を向いて、背を開き背ワタを取ってから
塩コショウ砂糖、紹興酒、醤油、卵白、片栗粉をまぜ、
油で揚げておきます。

フライパンに油をひいて、
生姜、ニンニクのみじん切りを炒め、
そこにみじん切りのネギを入れて香りが出たら、
豆板醤を入れて軽く炒めます。
豆板醤からも香りが立ってきたら、
そこにスイートチリソース、鶏がらスープ、
ケチャップ、砂糖を入れ、煮立ってきたら
先に揚げておいた海老を入れて、ソースを絡ませます。
最後にとき卵を流し込み、卵に火が通れば出来上がりです。

スイートチリソースのおかげかどうかは
わかりませんが、辛味も甘みも優しくなったような
気がします。
これから作る時も入れて行こうかな。
エビチリもビールにピッタリのオカズなので、
今日も調子に乗って飲みすぎました。



料理 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
ロールキャベツ
昨日は「ロールキャベツ」を作ってみました。
家庭によっては、トマトソースだったり
ホワイトソースなんかを入れたりするみたいですが、
我が家では、単純にスープのみの味付けです。

合挽き肉、人参、炒めた玉葱に、
塩コショウ、牛乳、パン粉を混ぜます。
軽く湯に潜らせたキャベツで、
丁寧に巻いていき、鍋のそこにキッチリ詰めるように
置いていきます。
ここにコンソメと鶏がらのスープ、ジャガイモを入れて
コトコトと煮るだけです。

ロールキャベツ

若干薄味でしたが、優しい味で食べやすいです。
味の染み込んだジャガイモもホクホクで美味しく、
ガーリックトーストと一緒に食べると
あっさりながらも、結構満腹になりました。
料理 | permalink | comments(1) | trackbacks(1)
page*top
 
エビフライとトンカツ
今日は、
「エビフライ」と「とんかつ」を作ってみました。
作り方・・は別に特徴も何もないんですが、
海老は、揚げたときにまっすぐになるように
お腹側のスジを切っておきます。
斜めに切れ込みを入れ、指で軽く押すようにすると
プチップチッとスジが切れていきます。
とんかつは160℃でじっくりと火を通してから、
180℃にしてカラっと揚げていきます。
海老は最初から180℃ですばやく揚げました。

フライ

なぜか余っていたピーマンも一緒に揚げてみましたが、
思いのほかピーマンも美味しかったです。
海老は素早く揚げたことで、
なかなかジューシーに仕上がりました。
とんかつは・・・・油切れが悪いのか
若干カラっと感が足りない感じ。
小さな鍋で少量の油で揚げているので、
大きなものを揚げるのはなかなか難しいですね。


料理 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
あまおうのタルト@キルフェボン
キルフェボン銀座店にて、
「あまおうのタルト」を食べてみました。
銀座店は2Fにカフェスペースがあり、
ダージリンと共に注文すると

あまおうのタルト

大きなあまおうが
いくつも乗ったタルトが運ばれてきました。
勢いよく食してみると・・・
あまおうはやっぱり美味しい。
とても甘く、ジューシーで高級感溢れる味です。
が、その下にあるタルトが普通・・・。
スポンジと生クリームという、ショートケーキのような
組み合わせになっていました。
生クリームの甘さもいいのですが、
せっかく甘みの強いあまおうを使っているんだったら、
下の生地はもうちょっと工夫してほしいかも。
1260円という高額な料金は、あまおうだけの値段でしょうか。
個人的にはルレクチェのタルトのほうが好きかなぁ。
安いし、最後まで飽きない味だし。
スイーツ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
page*top
 
RECCOMEND
すし職人が教える江戸前寿司―寿司ダネの捌き方から握り方まで本格江戸前極上の33品
すし職人が教える江戸前寿司―寿司ダネの捌き方から握り方まで本格江戸前極上の33品 (JUGEMレビュー »)
金内 秀夫, 成美堂出版編集部
これは僕も買ったのですが、
お寿司の握り方というよりも魚介の捌き方がたくさん載っていて、かなりオススメ!
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ブログピープル
MOBILE
qrcode
PROFILE